くらしや趣味に役立つ知恵と情報をお届けします(クラス・チェ)  

キャンプの料理を楽しくする~ダッチオーブンその①~

2019/05/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
RyuMaです!よろしくお願いします。 性格はのんびりでマイペース。 家では忠実なワンちゃんのようにお利口にしています。 キャンプ、ルアーフィッシング、テレビを見ることが大好き。 最近、息子の影響もあってガンプラ作りを始めました。 家事では掃除や洗濯もバリバリこなすアラフォー世代。 そんな自分の日々の経験をブログに書き、みなさんのお役に立つことができれば嬉しいです。

 

こんにちはRyuMaです。

料理をするのに欠かせないのが鍋やフライパンですが、やっぱりキャンプで料理をするならダッチオーブンは欲しいところですよね。

鋳鉄製のダッチオーブンですが、初心者の方は欲しいけど使ったことがないし…色々めんどくさそうと思われる方もいるかと思います。

しかし鋳鉄製のダッチオーブンは料理だけでなく、育てていく楽しみすら与えてくれる優れものです。

きちんと手入れをすればいいものに育ってくれ、この先何十年だって美味しい料理を作るために役立ってくれます。

僕も最近鋳鉄製のダッチオーブンを購入し使い始めたのですが、できる料理のレシピも増え楽しさがまた一つ増えました。

 

使うためには準備が必要

 

使用前にすること

新品のダッチオーブンは錆びないよう表面にワックスが塗られています。

まずはこのワックスを取り除く作業をしなければなりません。

シーズニングと呼ばれるこの作業ですが、僕は最初からできそうになかったので鋳鉄製のダッチオーブンの購入はあきらめました。

 

必要なもの

亀の子たわし

食器用洗剤

オリーブオイル

キッチンペーパーなど

ニンニクやニラなどの香りの強い野菜(使用しないクズでよい) 

 

水を沸騰させよく洗う

ダッチオーブンにたっぷり水を入れ火にかけフタをし沸騰させます。

沸騰したら火を止めてお湯が冷めるのを待ちます。

冷めたお湯を捨て本体とフタをタワシと洗剤でゴシゴシと洗い、ワックスを取り除きましょう。 

 

鍋とフタを乾燥させる

洗い終わった鍋とフタの水分を拭き取り、そのまま乾燥させるか弱火で水分を飛ばします。

この時表面が乾いたように見えても、細かい穴の中に水分が残っている場合があるのでしっかりと乾燥させるようにしてください。 

 

全体にオリーブオイルを塗る

完全に乾いたら鍋とフタの隅々までオリーブオイルを塗っていきます。

キッチンペーパーを使用するとムラなく塗ることができます。

気をつけなければならないのが、塩分を含んだ油を使用するとサビの原因になるので絶対に使用はしないでください。

 

加熱しダッチオーブンを焼く

オリーブオイルを塗ったら中火でダッチオーブンを加熱します。

この時かなりのがでるので必ず外で行なってください。

ちなみに僕は自宅の庭でやったのですがご近所迷惑にならないかヒヤヒヤしました。

気になる方はキャンプ時にするといいと思います。

 

油を塗り加熱を繰り返す

煙が出なくなるまで加熱したら再び油を塗り加熱する作業を4、5回程度繰り返します。

 

香りの強い野菜を炒める

この作業はダッチオーブンの金属の臭いを取るために行いますが、忘れてはならないのはフタでも炒めること。

フタは肉を焼いたりとしても使えるので、鍋だけでなくフタを使っても炒めましょう。

炒める野菜はニンニクやニラは香りが強いのでおススメです。

また炒め終わったら捨ててしまうのでクズ野菜で十分です。

 

炒め終わったら油を塗る

最後にオリーブオイルを塗り、熱を冷ましたら作業終了です。

この作業を終えダッチオーブンはやっと使える状態になります。

先にも述べましたが、最初のこの作業はかなりの煙が出ます。

くれぐれも家庭のキッチンでは行わないよう注意してください。

作業は全てで行いましょう。


まとめ

 

新品のダッチオーブンを使用するためにはワックスを取る。

 

必要なもの

  • 亀の子たわし
  • 食器用洗剤
  • オリーブオイル
  • キッチンペーパーなどニンニクやニラなどの香りが強い野菜

 

 

作業の流れ

  • 水を沸騰させよく洗う
  • 鍋とフタを乾燥させる
  • 全体にオリーブオイルを塗る
  • 加熱しダッチオーブンを焼く
  • 油を塗り加熱を繰り返す
  • 香りの強い野菜を炒める
  • 炒め終わったら油を塗る
  • 煙が多く出るので作業は屋外で行う

 

 

この作業を終えてようやくキャンプ道具として使えるようになります。

こうなるとあとは料理を作る楽しみと、ダッチオーブンを育てる楽しみが増えるばかりですね。

ぜひ鋳造製のダッチオーブンよ良さを満喫してみてください。

 

先にも述べましたが僕はこの作業と保管を行う自信がなく、それでもダッチオーブンが欲しいと思っていたので、シーズニングのいらないステンレス製のダッチオーブンを購入しました。

鋳鉄製のものが¥8000~¥10000程度なのに対しステンレス製は¥20000~と高価ですが、自信のない自分にはピッタリなのでステンレス製を選びました。

これから購入を考えている方は、こちらも検討してみてもよいかと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
RyuMaです!よろしくお願いします。 性格はのんびりでマイペース。 家では忠実なワンちゃんのようにお利口にしています。 キャンプ、ルアーフィッシング、テレビを見ることが大好き。 最近、息子の影響もあってガンプラ作りを始めました。 家事では掃除や洗濯もバリバリこなすアラフォー世代。 そんな自分の日々の経験をブログに書き、みなさんのお役に立つことができれば嬉しいです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Ⅽ RAs・Ⅽ HⅠE  , 2019 All Rights Reserved.