吉野彰(旭化成)ノーベル化学賞受賞賞金はいくら?使いみちは?年収も気になる!

 

こんにちは、RyuMaです!

 

吉野彰さんが、ノーベル化学賞を受賞されました。

【ノーカット】吉野彰氏にノーベル化学賞 リチウムイオン電池を発明
出典:YouTube

 

日本人として8人目の化学賞受賞者となられた吉野彰さんですが、ノーベル賞の受賞賞金って一体いくらなのか?

 

また、その賞金を吉野さんはどのように使うのか?

 

吉野さんの年収はいくらくらいなのか?

 

気になったので調べてみました。

 

みなさんも一緒に確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

吉野彰プロフィール

 

出典:Yahoo! JAPAN

生年月日:1948年1月30日

年齢:71歳(2019年10月現在)

出身:大阪府吹田市

専門分野:電気化学、量子有機化学

現職:旭化成名誉フェロー

職務経歴

  • 1972年4月、旭化成(株)(旧旭化成工業(株))に入社。研究開発部に所属。
  • 1982年、旭化成の川崎技術研究所第一研究室所属。
  • 1992年、イオン二次電池事業推進部商品開発グループのグループ長就任。
  • 1994年、東芝と旭化成の共同出資で設立されたリチウムイオン二次電池の開発・製造・販売を行う会社「(株)エイ・ティーバッテリー」の技術開発担当部長に就任。
  • 1997年には旭化成に戻り、イオン二次電池事業推進室の室長に就任。
  • 2001年、電池材料事業開発室室長、2003年には旭化成フェローに就任。
  • 2005年8月 旭化成(株)吉野研究室室長に就任。
  • 2010年、技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センター(LIBTEC)の理事長に就任。
  • 2017年、名城大学大学院理工学研究科の教授に就任。
  • 2019年10月、ノーベル化学賞を受賞。

 

スポンサーリンク

ノーベル賞の賞金はいくら?

 

今回、吉野さんが受賞したノーベル化学賞の賞金は一体いくらだったのでしょうか?

 

調べた結果、およそ95万ドル。

 

現在のレート(10月10日8時59分時点)で計算すると、日本円で

 

約1億と190万円

 

となります!

 

あくまでレートでの計算ですので、日本円での金額には前後があります。

 

実はノーベル賞のこの賞金額は決まっているそうで、受賞部門ごとに同じ金額がもらえるようです。

 

スポンサーリンク

賞金の割合はどうなる?

 

今回のノーベル化学賞を受賞された研究者は3名おられます。

 

アメリカ・テキサス大学教授のジョン・グッドイナフさん

アメリカ・ニューヨーク州立大学のスタンリー・ウィッティンガムさん

そして大手化学メーカー「旭化成」の名誉フェロー、吉野彰さんです。

出典:Yahoo JAPAN

 

受賞賞金についてはこの3名で分配することとなりますが、最も貢献度が高いと判断された方が所金の半分を。残り半分を2名で分けるという形になります。

 

今回のリチウムイオン電池の開発に関しての賞金ですが、現時点ではどのような割合で分配となるのかはわかっていません。

 

しかし、吉野さんはリチウムイオン電池を開発した当初、何年も全く売れないという辛い状況に置かれていました。

 

そこから爆発的に広まることとなったIT革命時代を迎えるまでの間、あきらめずにひたすら研究を続けてこられたことを考えると、今回最も貢献した人物といえるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

賞金の使い道は?

 

貢献度が最も高いとなれば、吉野さんは5000万円くらいの賞金を受け取ることになりますが、どのような使い道を考えているのでしょうか?

 

実は吉野さんは、インタビューで使い道について尋ねられ際に「吉野基金」というもの行っていることを明かしました。

 

そしてその吉野基金から毎年、若い人たちの研究にお金を出していたんです。

 

今年は研究費の更新があるため、賞金については吉野基金とし、今後の研究費の一部として役立てると、ハッキリと使い道を示していました。

 

突然の質問にもきちんと答えを示し、若い人の研究に役立てるなんて、なかなかこたえられるものではないですよね。

 

普通なら「まだ決めていません」「みんなで食事にでも」なんて答えてしまいそうですが、吉野さんの人間性の素晴らしさと、世の中ための研究に対する熱心さが伝わってくる素晴らしい回答だったと思います。

 

吉野さんの年収は?

 

編集中・・・編集中・・・

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする