剛力彩芽「麒麟がくる」で代役決定か?!推す声多いその理由とは?

こんにちは、RyuMaです!

2020年1月から放送予定のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の出演者の1人として撮影に臨んでいる女優の沢尻エリカさん。

その沢尻エリカさんの代役として剛力彩芽さんを推す声が、ネット上やファンの間で多く挙げられているようです。

出典:Yahoo! JAPAN

なぜ剛力彩芽さんを推す声が多いのか?代役は決定なのか?

その理由と真相について調べてみました。

みなさんも一緒に確認してみましょう。

スポンサーリンク

濃姫という女性

美濃国の戦国大名「斎藤道三」の娘で、織田信長の妻として知られる濃姫。

ドラマでは重要な人物の一人になると思われる濃姫ですが、その容姿は自画像や銅像などで見ることができます。

出典:Yahoo! JAPAN

銅像の方は別の女性、あるいは自画像をもとに作られた可能性もありますので、本人に一番近いとなればやはり自画像の方でしょう。

濃姫の自画像で特徴的な部分は、なんといってもスッと伸びた鼻筋と切れ長の目です。

古来から日本の美人画の人物は、鼻筋が通り切れ長の目をした女性が描かれていました。

出典:Yahoo! JAPAN

このことから、濃姫はかなりの美人であったと思われます。

そして現代でも濃姫という女性は美しく、さらに強さを持つ女性としてのイメージが定着しているようです。

個人的に見てもドラマで濃姫役を演じるのは、美しさと強さがにじみ出させることのできる女優さんが多いように思えます。

出典:Yahoo! JAPAN

しかし今回、沢尻エリカさんの降板の可能性が高いため、濃姫役をどうするのかという問題が起きてしまいました。

そこで注目を浴びたのが、モデルやバラエティー番組でも活躍している女優の剛力彩芽さんでした。

しかし、なぜ彼女が注目を浴びることとなったのでしょうか?

スポンサーリンク

代役として注目される理由とは?

剛力彩芽さんといえば、ZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏と交際されていたことで知られていますね。

出典:Yahoo! JAPAN

しかし、二人の関係が一つの区切りを迎えたことで、世間は再び剛力彩芽さんに注目することとなります。

彼女は前澤氏との交際発覚後はドラマや映画だけでなく、長くイメージキャラクターを務めていたCMも降板しました。

【話題のCM】剛力彩芽 Ayame Goriki ヤマザキ Yamazaki Baking ランチパック Lunch pack 友達より大事な人
出典:YouTube

テレビでの活躍の場を自粛し、時折バラエティー番組で見かけるだけになってしまったのです。

そんな彼女がテレビ活動の自粛する必要がなくなった今、以前のように幅広く活躍するのでは?と、多くの方が期待したことでしょう。

そしてタイミングよく起きた大河ドラマの代役騒動

女優として復帰をするには、大河ドラマ出演は彼女にとって大きなチャンスとなります。

また、ドラマ制作を手掛けているNHK側にとっても、いま世間から大きな注目を集めている女優を大河ドラマに出演させるとなると、その話題性はかなり大きなものになると考えられます。

こうした大きなメリットがお互いにあるため、女優剛力彩芽としての復活を望み、世間やファンの方たちは彼女に声援を送っているんです。

スポンサーリンク

代役は決定している?

沢尻エリカさんの代役として濃姫を演じることについて、真相を調べてみました。

しかし、剛力彩芽さんが代役を務めるという確かな証拠は、現時点でネット上のどこにも情報はありませんでした

まだ代役は誰?という段階で、候補者の1人として剛力彩芽さんが挙げられているところでした。

候補者に選ばれている理由についても、1年以上スケジュールが空いている女優ということが一つとしてあるようです。

今後、この大河ドラマの濃姫代役がどうなっていくのか、注目したいところです。

出典:Yahoo! JAPAN

スポンサーリンク

まとめ

  • 剛力彩芽は大河ドラマの代役候補で現時点では決定ではない
  • 剛力彩芽は芸能活動を自粛しなくてもよくなった
  • そのことで世間から再び注目を集め話題に!
  • 同じタイミングで大河ドラマの代役騒動が起きた
  • 剛力彩芽にもNHK側にも大きなチャンスでメリットも大!

タレントとしても女優としても、剛力彩芽さんはとても魅力ある素晴らしい方です。

もし大河ドラマに出ることがなかったとしても、彼女の持ち前の魅力で今後は様々な活動をし復活することでしょう。

これからの活躍に注目したいところですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする